個人で手配する海外旅行! いくつかの注意点

予約の優先度は旅の目的で決める

旅行代理店が企画するツアー旅行に申し込めば、宿泊施設などの予約は任せられます。しかし個人旅行ではそうもいきません。いろいろと自由に旅を企画できる反面、すべてを自分で手配する必要があります。海外旅行ではいろいろな予約をしますが、何を優先すればよいのでしょうか。優先すべきものを決めるには、旅の目的をはっきりさせましょう。国際的なスポーツの大会を見たいとか、特定のホテルに宿泊したいなどです。スポーツ大会のチケットを確保できなかったとしたら、飛行機やホテルの予約をしても無駄になるかもしれません。旅の最大の目的に予約が不要なら、宿泊施設の予約をしたあとに飛行機の予約をするとよいでしょう。目的地の国内で飛行機や長距離バスに乗るならその予約も忘れずにしてください。

パスポートの有効期限をチェック

海外旅行に欠かせないパスポート。持っていないなら忘れずに申請しましょう。申請から取得まで1週間程度の時間がかかるので余裕を持って手続きしなければいけません。パスポートをすでに持っている人も、有効期限を確認しておきましょう。有効期限があと数ヶ月に迫っているときは、国によっては入国できない場合もあります。パスポートは有効期限の残りが1年を切ったら更新の手続きができますが、すぐには受け取れないので要注意です。また、入国にあたりパスポートのほかに査証(ビザ)が必要な国もあります。忘れずに手続きしましょう。なお、未成年者が単独で、あるいは片方の親と海外へ行く場合、保護者による渡航同意書を要求される国があるので注意してください。

フライアゴーをしらべる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です